活動レポート

品質良好 高原大根「はたがなる大根」出荷始まる

170817hataganarusyukka.jpg JAたじまの畑ヶ平農業生産組合は8月17日、美方郡新温泉町岸田の畑ヶ平高原で栽培するダイコン「はたがなる大根」の今季の出荷を始めました。この日収穫したダイコンは、同JAを通して約2800ケース(1ケース10㌔)を京都、神戸、明石、豊岡の各市場に出荷しました。出荷は10月上旬まで続き、今年は約10万ケースの出荷を目指します。

 標高1,000㍍を超える畑ヶ平高原では、昼夜の寒暖差により、みずみずしく、甘味のある、きめの細かい良質なダイコンが育ちます。現在は、同組合4戸が約16㌶でダイコンを栽培しています。

 ダイコンをできるだけ新鮮なうちに市場に届けるため、組合員らは、午前3時ごろから収穫作業を開始。手作業で引き抜いたダイコンを出荷作業所へと運び、一本一本丁寧に泥を洗い流した後、等級別に箱に詰めて出荷しました。出荷したダイコンは、翌日には各市場に届きます。同組合の西垣昌弘組合長は、「今年は、梅雨時期の長雨がなく、日照りが続くなど、良いダイコンが育つ気象条件だった。例年に比べて質の良いダイコンができている」と話していました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ja-tajima.or.jp/mt/mt-tb.cgi/9234