コウノトリ育むお米

赤ちゃんを授かった読者にお祝い 「コウノトリ育むお米」をプレゼント

170316kounotir2.jpg JAたじまは、妊娠や育児等の情報誌を出版する株式会社ベネッセコーポレーション(本社:東京)と連携して、兵庫県但馬産の特別栽培米「コウノトリ育むお米」(コシヒカリ)をプレゼントするキャンペーンを始めました。3月13日に同社が出版した『妊活たまごクラブ』2017-2018年版の読者を対象とした企画です。

 同米のPRと、赤ちゃんを運ぶ縁起の良い鳥とされるコウノトリをかけた同社との共同企画。妊娠するための活動を紹介する情報誌『妊活たまごクラブ』を読んで、赤ちゃんを授かれば応募ができます。応募者全員に無農薬で育てた同米450gをプレゼントします。応募期間は平成30年3月14日まで。

 JAたじま米穀課の塩見真仁係長は、「コウノトリ育むお米は、田んぼの小さな生きもののいのちを大切にして生産者がつくるお米。コウノトリをシンボルに、いのちをつなぐ環境づくりに地域をあげて取り組んでいる。読者の皆さんにこの想いが届けばうれしい」と話しました。

 キャンペーンの応募はインターネットから。「たまひよ プレゼント」で検索し、応募専用ページで同誌に掲載されているパスワードと必要事項を入力。同誌は1,030円(税別)。全国の書店やインターネット書店で販売されています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ja-tajima.or.jp/mt/mt-tb.cgi/9030