活動レポート

JAバンク兵庫環境発表大会 三方小が農林中央金庫理事長賞

170218mikatasyou1.jpg

 JAバンク兵庫主催の「小学生の環境チャレンジ発表大会」県大会が2月18日、神戸国際会議場で開かれました。JAたじま管内からは豊岡市立三方小学校の3年生23人が参加し、農林中央金庫理事長賞を受賞しました。

 この大会は、環境活動に取り組む県内の小学生が活動の成果を発表するもの。「環境保全教育応援事業」に応募した415校の中から選ばれた24校が地区大会に出場し、勝ち残った8校がこの日発表しました。

 児童らは、校区内にあるコウノトリの餌場(ビオトープ)で生き物調査を行い、地域の自然環境の豊かさや環境を守るために自分たちができることを、明るく元気に発表しました。

 表彰式では、同校を代表して須磨穂乃花さんと谷垣勇希さんが賞状と記念品を受け取りました。2人は、「練習通り発表できた。安全・安心で生き物が棲める環境をつくっていきたい」と話していました。

 

 

地区大会と県大会の様子は、3月12日(日)19時~19時55分 サンテレビジョンで放映されます。ぜひご覧ください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ja-tajima.or.jp/mt/mt-tb.cgi/8991