あぐりキッズスクール

【村岡】第7回 秋の味覚を味わおう!

 10月16日、あぐりキッズスクール村岡会場第7回を開催しました。

 第7回のあぐりキッズスクールでは、黒大豆枝豆とサツマイモ(紅あずま)の収穫に挑戦、収穫した黒大豆枝豆は塩ゆでに、サツマイモは焼きいもにしてみんなでおいしくいただきました。

 それではその様子をどうぞ。

 

161016agurimuraoka1.jpg

 

 この日の校長先生の時間は、ノーベル平和賞をもらったパキスタン人、マララさんのスピーチのお話。

 マララさんはスピーチで、「とある地域では、戦争していたり、食べるものが無かったり、本やペンですら満足に手に入らない地域もあります」と言いました。

 日本に住んでいるとこういったことに心配もせず、何不自由なく暮らしていますよね。自分たちは今幸せなんだなという意識を持って、普段何気ないことでも感謝することが大切だと、岸根校長先生から教わりました。

161016agurimuraoka2.jpg

 

 

 

 

 

  

  ちゃぐりんの時間では、サツマイモやジャガイモ、サトイモなどのつる当てクイズをしました。

 イモの種類によってつるや葉っぱも全然違うんだね。

161016agurimuraoka3.jpg

 

161016agurimuraoka4.jpg

 

 

 

 勉強が終わったら、次は畑へ。

 以前からお世話になっている農家の池口さんにエダマメとサツマイモの収穫方法を教えてもらいました。

 

 

 

 

 エダマメは根元から株ごと引き抜き収穫しました。

 エダマメはさやを押して実が飛び出すようになる頃が収穫適期なんだって。  

 

161016agurimuraoka5.jpg

161016agurimuraoka7.jpg

 サツマイモは剣先スコップや移植ごてを使って傷つけないよう丁寧に掘り起して収穫しました。

 ゴロゴロとしたサツマイモを見た子どもたちは「すごい大きい!」「なんか変な形」とびっくり。

 収穫カゴに入りきらないほどのサツマイモがとれました。

 

 

 

 

 

 

 収穫の後はお待ちかねの実食タイム。「いただきます!」 

 収穫したての新鮮な黒大豆枝豆とサツマイモはホクホクで甘くておいしかったね。

 第7回はこれまで。次回のあぐりキッズスクールは11月20日。いよいよ最終回。みかた大納言を使ったぜんざいづくりと修了式を行います。当日もみんなの元気な姿を待ってます!

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ja-tajima.or.jp/mt/mt-tb.cgi/8819