あぐりキッズスクール

【浜坂】第1回 見て、聞いて、触れて、食べて、ふるさと浜坂のいいもの自慢しよう!!

 5月14日、ついにあぐりキッズスクール浜坂会場が開校しました!

 浜坂会場は、「見て、聞いて、触れて、食べて、ふるさと浜坂のいいもの自慢しよう!!」を活動テーマに、全6回に渡って食と農業を学びます。お米、野菜づくりはもちろん、菊づくりや但馬牛の世話など、浜坂ならではの活動も体験します。農家の池口修さんや池口清さん、藤尾地区の皆様、そして保護者の皆様、これから10月までの5カ月間、お世話になります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

第1回では、野菜やキクの植え付け、田植えを体験しました。

それでは、その様子をどうぞ!

 

170514ph1.jpgまずは、あぐりキッズスクールの入校式。

いよいよ、あぐりキッズスクールのはじまりです。

式の中で岸根校長先生が、みんなに3つのお願いごとをしましたね。

1つ 朝ごはんはしっかりと食べてくること

2つ みんな仲よくすること

3つ 先生の話をよく聞くこと

約束を守って、みんなで仲良く、楽しく、元気よく、農業を学んでいこうね♪

 

170514ph2.jpg入校式のあとは、ちゃぐりんの時間です。

ちゃぐりんの時間では、担任や副担任の先生たちといっしょに、食と農について学びます。

この日は、苗の写真を見て何の野菜か当てるクイズをしました。みんな写真を見たとたんに、「ナス!」「ミニトマト!」「ピーマン!」と答えていました。すごい!

的場先生と河原先生が、旬という言葉の意味や、甘くて新鮮なトマトの見分け方など、いろんなことを教えてくれたね。水に沈むのがおいしいトマトの証拠だよ!みんなも家で試してみよう!

170514ph3.jpg

ちゃぐりんの時間のあとはお待ちかねの農業体験です。

夏野菜(ピーマン・ナス・ミニトマト)は谷口清さんに教えてもらいながら植え付けました。

ポットを逆さにして苗を取り出し、浅植えしました。苗を深く植えちゃうと、そこに水がたまって、苗を病気にしてしまうんだって。勉強になったね。

植えたあとは、ヒモを使って苗を支柱に8の字で結びつけて固定しました。

みんな上手にできたかな?この作業は誘引(ゆういん)といって、苗が雨や風で倒れないようにするために必要な作業なんだよ。

170514ph4.jpg菊は谷口修さんに教えてもらいながら300本(赤2品種・白2品種・黄2品種の計6品種)を植え付けました。

植え付け方は、土に刺したスコップを少し傾け、そこにできた隙間に苗を入れたあと、スコップを引き抜くだけ。

たったこれだけの作業だけど、きれいにまっすぐ植え付けるのは難しかったね。

 

170514ph5.jpg

野菜と菊の植え付けが終わったら、最後は田植え。

みんな裸足になって田んぼに整列!

田んぼの中に入った瞬間、「つめたーい」「気持ちいいー」と、子どもたちから歓声があがりました。

さぁ、みんなで田植えスタートだ!

田植えヒモを使って、丁寧に手植え。

どろんこになりながらもみんな一生懸命植えていました。9月の稲刈りが楽しみだね。

今回はこれまで。

  

次回は、サツマイモの植え付けと、ジャガイモの収穫と試食、但馬牛の世話をします!
楽しみだね♪

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ja-tajima.or.jp/mt/mt-tb.cgi/9107