活動レポート

利用者に感謝 地域に根差した直売所 浜坂朝市婦人会

161203hamasakaasaitihujinnkaiojp.jpg 浜坂朝市婦人会は12月3日、浜坂農産物直売所で利用者への日頃の感謝の気持ちを込めてサービスデイを開き、地元でとれた野菜や加工品を数多く取り揃えました。午前8時の開店と同時に多くの買い物客で賑わい、手作りのぜんざいを振る舞いました。

 買い物客は、「週2~3回は通っている。ここの朝市で売られている野菜は安心して食べることができる。値段も安く、新鮮でおいしいのが何よりうれしい」と話していました。

 同婦人会の七理すみ江会長は、「今年で64年目を迎えた。朝市を利用してくれる人がいる限り、おいしい野菜を提供し続けていきたい」と同婦人会に対する思いを語りました。

 同婦人会は、昭和28年から続く老舗朝市を持ちます。旧浜坂町内の40代から80代の女性22人で構成。地元でとれた新鮮な野菜やその加工品、花卉などを持ち寄り販売。朝市を通して地域住民の生活に貢献し、農家の所得向上と女性の地位向上を目指しています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ja-tajima.or.jp/mt/mt-tb.cgi/8889