活動レポート

JA杯少年野球大会が開幕 35チーム出場

171001baseball1.jpg 第9回JAたじま杯兼第36回但馬少年野球新人大会が10月1日、朝来市で開幕しました。但馬地域の3市2町から参加した35チームが、10月15日まで(予定)にトーナメントを行い、優勝を目指します。

 県立和田山高校グラウンドで開かれた開会式には選手ら約450人が参加しました。藤林常務が「選手の皆さにはコウノトリ育むお米、野菜や肉など地場産の農畜産物をしっかり食べて健やかに育ってほしい。大会では日頃の練習の成果を発揮してがんばってプレーしてください」とあいさつ。選手を代表して、大蔵イーグルスの小山玲和主将(5年)が、「大会の開催、準備してくれた方々や、いつも支えてくれる家族に感謝し、仲間の力を信じて全力で戦うことを誓います」と力強く宣言しました。

 この日は1、2回戦計15試合が行われ、15チームが勝ち残りました。(9日にも1,2回戦4試合を予定)10月14日に3回戦と準々決勝、15日に準決勝、決勝を行います。

171001baseball2.jpg171001baseball3.jpg171001baseball4.jpg171001baseball6.jpg171001baseball5.jpg クリックすると拡大します

(日程が変更になる場合があります)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ja-tajima.or.jp/mt/mt-tb.cgi/9308