活動レポート

本格甘辛キムチをどうぞ 女性会お手製キムチを出荷

161212muraokaburokkukimutisyukkao.jpg たじまJA女性会村岡ブロックの栽培加工グループ「農園教室」では12月12日から、会員自らが栽培した野菜を使った手作りキムチの出荷を始めました。同グループが作るキムチは、本格キムチの味がしておいしいと評判です。

 この日は、今月7日に漬け込んでいた分のキムチ37袋をJAたじまのファーマーズマーケット「たじまんま」へ出荷。午後3時には店頭に並びました。また、会員らはこの日、次の出荷に備えて、村岡支店に、事前に塩漬けしたハクサイを持ち寄り、キムチの漬けダレとなるヤンニョンから手作りし、キムチを作りました。会員らは、野菜や果物、香辛料などさまざまな食材を混ぜ入れて作った特製のヤンニョンをハクサイの葉一枚一枚に丁寧に挟み漬け込みました。この日に漬け込んだキムチは、味を熟成させるために5日間寝かし、16日に出荷する予定です。

 同ブロック会長の黒田志津代さんは、「隠し味にすりおろしたリンゴやはちみつを入れて、ピリッと辛口だけど甘みもあってまろやかな味に仕上がっている。そのまま食べてもおいしいし、鍋や炒めものにしてもおいしくいただけますよ」と話していました。

キムチは、1袋300g入り200円で販売しています。次の出荷は、今月16日と21日の予定です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ja-tajima.or.jp/mt/mt-tb.cgi/8899