活動レポート

「八鹿日高道路」開通記念イベントに女性会が協力

170319hidakajyosei1.jpg 開通前の北近畿豊岡自動車道「八鹿日高道路」を歩くイベントが3月19日、豊岡市日高町に新設される日高神鍋高原インターチェンジ~新久斗トンネル内で開かれ、多くの住民らが参加しました。飲食ブースでは、たじまJA女性会豊岡ブロックの日高地区会員らが参加者に鍋を振る舞い、イベントを盛り上げました。

 北近畿自動車道は、舞鶴若狭自動車道から春日ジャンクション(丹波市)で分岐し、豊岡を結ぶ。すでに八鹿氷ノ山IC(養父市八鹿町)まで開通しています。日高神鍋IC間の9.7kmが完成し、25日午後6時に開通します。

 イベント会場では、よさこい演舞や地区対抗の綱引き大会なども行われました。同女性会は、地元の野菜やニジマスをふんだんに使った「マロニエ鍋」を500食分作り、参加者に振る舞いました。参加した男性は、「ウォーキングを楽しんだあと食べた鍋は、とてもおいしく、冷えた体が温まった」と話していました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ja-tajima.or.jp/mt/mt-tb.cgi/9033