お役立ちサービス

農作業安全のポイント・コンバイン

農作業中の死亡事故は、全国で毎年約400件。
農作業事故は春秋の農繁期に多く、農家にとって忙しい時期に発生しています。
また、機械の転倒・転落が主な事故原因となっています。少しの油断、慣れが事故を招きます。いつもの作業を確認し、農作業事故ゼロを目指しましょう。

コンバイン

コンバイン

巻き込まれ事故を防ぐために

・チェーンやカッターに詰まったワラを取り除くときはエンジンを止めて作業を行ってください。 →チェーンやカッターに巻き込まれて、ケガをする恐れがあります。
・作業時の服装は腰タオルなど、巻き込まれやすいものは避け、そで口のボタンを締めるようにしてください。
→服やタオルが機械に巻き込まれて、ケガをする恐れがあります。
・手こぎ作業時はフィードチェーンへの巻き込まれに注意して作業し、手袋は使用しないでください。
→フィードチェーンに巻き込まれて、ケガをする恐れがあります。

転倒・転落事故を防ぐために

・畦畔を乗り越えるときは低速度、直角に行ってください。
また、ほ場に入るとき、溝や高いあぜを渡るときは必ずあゆみ板を使用してください。
→バランスを崩して転倒し、ケガをする恐れがあります。
・あゆみ板でのトラックへの積み下ろしは、ゆっくりと行い、ステアリングレバー、副変則レバーは操作しないでください。
→機械があゆみ板を踏み外し、転落する恐れがあります。

周囲の安全確認をしましょう

・共同作業者や補助者の位置を確認し、エンジン始動時などにはホーンやホイッスルなどで合図をしましょう。
・共同作業者や補助者が機械の動作に気づかず、機械にひかれたり巻き込まれたりする恐れがあります。
・旋回や方向転換の際は、周囲の安全確認を徹底してください。

農機販売・メンテナンスに関するお問い合わせ
<JAたじま 農機センター>
養父市八鹿町朝倉1141
・電話 079-662-3817