活動レポート

養父市の中心部に給油所 新築工事始まる

170110jass.jpg

 株式会社ジェイ・アクロスは1月10日、新たなガソリンスタンド「八鹿セルフ給油所」の安全祈願祭を、JAたじま八鹿支店敷地内の建設予定地で開きました。同社役職員、JA全農兵庫、設計事務所、施工業者や地域住民ら約20人が出席し、工事の安全と建物の完成を願って神事を行いました。

 新築する給油所は、敷地面積718㎡、給油所面積403㎡のセルフ型ガソリンスタンド。容量40klの地下タンク2基のほか、灯油計量機やドライブスルー洗車機などを設けます。養父市内の鉢伏口給油所が施設の老朽化に伴い閉鎖するため、今回新たに同市内の中心部に移転。平成29年4月末から営業を始める予定です。

 安全祈願祭で、同社の尾﨑市朗代表取締役は、「養父市にはJAの給油所が少なく、組合員や地域住民から事業存続の声が大きい。JAの施設が集合していて交通の便も良い地なので、多くの組合員や地域住民に利用してほしい」と話していました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ja-tajima.or.jp/mt/mt-tb.cgi/8931