活動レポート

JAたじま3連覇 兵庫県畜産共進会

 兵庫県内の和牛の品質などを競う第98回兵庫県畜産共進会(JA全農兵庫主催)が10月30日、淡路市の淡路家畜市場で開かれました。種牛の部では香美町の上田伸也さんの「やえひめ」が、肉牛の部では養父市の太田克典さんの「照政芳」がそれぞれ名誉賞に選ばれました。上田さんは2年ぶり、太田さんは3年連続で最高位に、団体では両部門でJAたじまが3年連続の優勝を飾りました。

161030kenkyou1.jpg

 共進会には、県内各産地の予選を勝ち抜いた種牛43頭、肉牛63頭(雌18頭、去勢45頭)の合計106頭が出品。県立農林水産技術総合センター職員らが資質や肉付きなどを1頭ずつ念入りに審査しました。JAたじまからは、種牛の部12頭と肉牛の部7頭の合計19頭が出場しました。

161030kenkyou2.jpg

 「やえひめ」は、平成27年1月生まれ。父は「芳悠土井」、母の父は「菊俊土井」。発育が良く、品位や体の深みもあり、全体的にバランスの良い点などが評価されました。上田さんは、「来年の全共に向けて、深みをどう出すか試行錯誤しながらいつもと違う管理をしてきた。その結果が出てうれしい」と笑顔で話していました。

 「照政芳」は、去勢で平成26年2月生まれ。父は「芳山土井」、母の父は「照一土井」。体の幅があって締りも良く、仕上がり状態の良さが高く評価されました。共進会後のせりで、500万1千円で落札されました。

 JAたじまの尾﨑市朗組合長は、「但馬の生産者の技術の高さが評価された。3年連続の好成績は、若手生産者の励みにもなる」と話していました。

 その他、畜産の振興に貢献したとして、豊岡市の北村道夫さんと新温泉町の植田光隆さんが表彰を受けました。また、優秀な種雄牛の生産に協力し肉用牛の改良に貢献したとして、「茂和美波」を生産した新温泉町の村尾千代美さんに兵庫県知事から感謝状が贈られました。

 

JAたじまの結果は次の通り。
【種牛の部】
名誉賞=やえひめ 上田伸也さん(香美町)
最優秀賞1席=えりい 中井のり子さん(新温泉町)
同3席=みのり3の5 村尾和広さん(新温泉町)
優秀賞1席=かりゆし 淀貴至さん(香美町)
同2席=やすひさ27 上垣勇吾さん(大屋町)
同3席=こうふく27 上田伸也さん
同4席=さちにしき 山本智明さん(新温泉町)
優秀賞=うりまる 高橋大樹さん(大屋町)
同=よしつね3の1 井上哲也さん(香美町)
同=ゆりか 谷口正徳さん(豊岡市)
同=おきひさ 上垣勇吾さん
同=よしひかり 吉村英美さん(養父市)
団体優勝=JAたじま
団体準優勝=JA淡路日の出

【肉牛の部】
名誉賞=照政芳 太田克典さん(養父市)
最優秀賞3席=盛国 上田伸也さん
同4席=さちふく387 上田伸也さん
優秀賞1席=よりこ 太田克典さん
同2席=あきかつよし 中井勝さん(新温泉町)
優良賞=照忠 村尾和広さん
同=芳毬 尾﨑嘉孝さん(新温泉町)
団体優勝=JAたじま
団体準優勝=JAみのり

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ja-tajima.or.jp/mt/mt-tb.cgi/8851