閉じる

重要なお知らせ

JA職員を装った不審者による利用者宅への訪問について(注意喚起)

2018.10.22

 標記の件、JA職員を装った不審者が利用者宅を訪問し、印鑑を預かるという事案が当組合管内で発生しました。事務処理上印鑑を預かるという事は行っておりません。

事案の概要
 10月14日日曜日の昼頃、2人組の男(40歳くらい)が利用者宅を訪問し、「農協です。印鑑の調整に伺いました。印鑑を預からせてください。」と言い、利用者は印鑑を預けてしまった。未だに印鑑は返ってきていない。2人組の男の1人は眼鏡をかけており、もう1人は外できょろきょろしていた。幸い現在出金される等の被害は発生していない。

注意喚起について
 JAでは職員が利用者宅を訪問し、印鑑を預かる事は絶対にありません。