閉じる

活動レポート

31人が新たに入組 信頼される職員めざす

2013.04.02

 JAたじまは4月1日、本店で平成25年度に新しく採用する職員の入組式を開きました。新入職員31人は、尾﨑市朗専務から辞令を手渡されました。

 

 式では、尾﨑専務が新入職員に向けて、「協同組合の職員として働くにあたり、何事も組合員の目線で考えることが大切。一日も早く仕事に慣れ、地域に貢献してほしい」とあいさつ。職員組合の枚田昌樹委員長は、「若い職員ががんばることで職場が活気づく。失敗を恐れず、一生懸命に仕事に励んでほしい」と激励しました。

 これらの言葉を受け、新入職員代表の後藤駿さんは、「地域の方に愛され、信頼される職員になれるよう努力します」と誓いの言葉を述べました。

 式の後、新入職員らは但馬各地の配属先へと向かいました。

 

130401nyuusosiki.jpg

決意を誓う後藤駿