閉じる

活動レポート

地区代表農協委員会で新役員を選出

2014.02.07

 JAたじまは2月6日、総合営農センターで、第1回代表農協委員会を開きました。管内22地区の地区代表農協委員とJA役職員ら約80人が出席し、JA事業の取り組みについて意見を交換しました。
 
 同会では、役員の改選を行い、山東地区の石原忍さんが新しく会長に就任。また、豊岡地区の大木佐喜夫さん、村岡地区の山本太一さん、養父地区の荒垣保典さんの3人が副会長に就任しました。
 石原会長は、「平成26年度はJAや地域の農業を取り巻く環境が大きく変わる。地域の意見をしっかり聞いて、JAや組合員が良くなるよう活動に反映させていきたい」と意気込みを語っていました。
 
140206tdnoukyouiinkai.jpg
あいさつする石原会長
 
 会議ではこの他、平成25年産米の集荷状況についての報告や、戸別補償制度の説明などがあり、委員らは熱心に聞き入っていました。