閉じる

活動レポート

平成26年度事業に向けて全職員で決起

2014.04.28

 JAたじまは4月26日、八鹿文化会館で平成26年度の事業進発大会を開き、役職員全員が今年度の取り組みについて確認し意識を統一しました。
 
140426sinpatu.jpg 大会では、金子洋一代表理事組合長が、「農業面は言うに及ばず、これからの但馬を担う若い世代にも事業に参加してもらうなど、地域に必要とされ、地域の方に愛される、元気なJAを目指して役職員一丸となってがんばっていこう」とあいさつ。
 尾﨑市朗代表理事専務が、平成26年度各事業の目標や取り組みについて説明しました。
 
 
 JAたじまでは、10年後のあるべき姿「JAたじま10年ビジョン」や向こう3カ年の取り組み計画「Plan2016」に沿って、平成26年度は、組合員の手取りを第一に考えた営農支援や、高齢者に頼りにされる事業活動、組合員や次世代等との結びつきを強化する活動を実践していきます。
 
 大会ではこの他、平成25年度の優績表彰や、不祥事再発防止のため、経済法令研究会講師の小出豊さんによる、コンプライアンスにかかる特別講演を行いました。
 
140426sinpatu2.jpg
講演する小出さん