閉じる

活動レポート

第3回代表農協委員会を開催

2015.12.09
151205daihyou.jpg JAたじまは12月7日、総合営農センターで平成27年第3回代表農協委員会を開き、活動協力委員である地区代表農協委員とJA役職員がJAの事業や活動について意見を交わしました。会議には約80人が出席しました。

 この日は近畿農政局兵庫支局から地方参事官らを招いて、TPP大筋合意に関する説明を聞きました。JAたじまが国の機関による説明を受けるのは、今回が初めて。説明は主に、米、麦、牛肉などの合意内容や今後の政策についてで、参加者はメモを取りながら熱心に聞いていました。参加者からは、「実際に農家にどんな影響があるのか、もっと具体的な話を聞きたい」、「日本の関税撤廃率は品目ベースで95%とあるが、農畜産物に限るとどの程度か」といった質問がありました。
 このほかに委員会では、高値での取引が続いている但馬家畜市場(養父市大藪)での子牛セリ市の状況や、平成28年産米の生産数量目標などについてJAから説明しました。