閉じる

活動レポート

新本店の工事の安全祈って安全祈願祭

2016.03.31

160330honten.jpg 兵庫県北部の3市2町を事業区域とするJAたじまは、統合となった元県立高校の校舎を改修し、新たな本店として利用します。3月30日、建設予定地の豊岡市九日市上町で安全祈願祭を開き、役職員や地元住民、工事関係者ら約30人が出席し、工事の安全を祈りました。


 移転地は現在の本店(豊岡市立野町)から南西に約4kmの場所。豊岡市(総務・金融・共済)と養父市(営農)に分かれている本店機能の集約が一番の目的です。地上3階建の第1事務所棟や2階建の第2事務所棟、調理施設を備えた生活文化棟など計8棟、延べ床面積7,044.42㎡の建物を改修します。
 尾﨑市朗組合長は、「工事の安全を願う。本店部署を集約することで、効率的な事業運営を目指したい」と話していました。
 新本店は10月末に完成し、11月中に移転する予定です。