閉じる

活動レポート

ペーパーレスで会議のセキュリティと効率高める

2016.11.29

161128rijikai.jpg JAたじまは11月28日に開いた理事会から、タブレット端末を使って電子化した会議資料を確認、共有できる「ペーパーレス会議システム」を導入しました。

 システムの導入により、会議に出席した全員が同時に同じ資料を閲覧することで情報や認識の共有性を高め、資料の喪失などによる情報漏洩の危険を軽減できます。

 JAたじまでは、一層のセキュリティの強化や会議運営の効率化を期待しています。

 
 JAたじまでは役職員の一部の会議などで、タブレット型PCを使ったペーパーレス会議を、平成27年3月から試験的に開始。今年11月に移転した本店の理事会用会議室に大型スクリーンを設置したことを契機に、12.9インチのタブレット端末50台を導入し、同月の理事会から本格的な運用を始めました。理事会では、常勤役員や各室・部長らがタブレット端末を使って議案などの説明を行いました。
 出席した理事らは、「見たい部分を拡大して表示できるので紙資料の不便さが解消した」「写真やグラフなどを効果的に使い、視覚的に分かりやすい資料の作り方、表示の仕方への改善が必要」などと話していました。

 
 JAたじまでは今後、職員向けにペーパーレス会議システムの活用説明会を開く予定。本店で開く会議には積極的に導入していく方針です。