閉じる

菜園学園

野菜の種をまこう

 野菜作りの計画を立てたら、計画に沿って畝を立てて種をまきましょう。野菜の種類、苗の大小や種をまく場所などの条件によって、種のまき方はかわってきます。育てる野菜によって、それぞれ適した種のまき方があります。上手に使い分けて、質の良い野菜をたくさんとりましょう。

 

◎種のまき方

 野菜の種のまき方は、大きく分けて次の3つがあります。

 


すじまき1502-1.jpg

くわでまき溝を列状に作り、溝全体に種をまく方法です。種はムラなく丁寧にまき、被せる土の厚さを均一にすることで、発芽も揃います。

ホウレンソウ、コマツナ、カブなど、多くの野菜に適したまき方です。

 


点まき1502-2.jpg

畝に小幅のまき溝もしくは小穴を作り、1カ所に数粒ずつ、一定の間隔でまく方法です。

種が大粒で、一粒一粒が大きく育つトウモロコシ、ダイコンやハクサイなどに適しています。

 


ばらまき1502-3.jpg

畝の表面を板切れなどで平らにし、全体に均一に種を振りまくようにしてまく方法。

タマネギやネギの育苗などは、ばらまきしましょう。

 

 

◎種まきの手順


①種をまく前に、溝全面に丁寧に水をやります。水をやることで、土が平坦になっているかどうかが分かります。また、土の浮きをおさえ、種が流れにくくなります。

②種をまいたら、種が見えなくなるくらいに浅く土を被せます。被せる土の量は、種の2~3倍が目安です。重い土では薄くするなど、土の質によって調整します。

③土を被せた後は、くわの背で強めに押さえて種と土をなじませましょう。

1502-4.jpg