活動レポート

酒造好適米「兵庫北錦」を品評 最優秀賞に尾崎さん 宮階さん

171222kitanisikihinnpyoukai1.jpg171222kitanisikihinnpyoukai2.jpg 

 JAたじまの浜坂兵庫北錦生産部会は12月22日、平成17年に部会を設立して以来、初めてとなる品評会を同JA浜坂営農生活センターで開きました。玄米の部では、最優秀賞のたじま農業協同組合代表理事組合長賞に尾崎喜市さんを、稲株の部では、最優秀賞の浜坂兵庫北錦生産部会長賞に宮階功さんを選びました。

 品評会は、生産者の生産意欲と栽培技術の向上、高品質化への意識付けを目的に開催。品評会には、玄米と稲株の2部門があり、平成29年産の兵庫北錦の玄米34点、稲株29点が出品されました。JAや行政職員が粒張りや粒揃い、心白の大きさ、被害粒の有無、穂丈や草丈、籾の量など一点一点入念に審査し、玄米、稲株の各部上位5点を選出しました。入賞者の表彰は、30年1月26日開催予定の定期総会で行います。

 審査委員長を務めた新温泉農業改良普及センターの小林敏郎所長は、「7月の高温、8月中下旬の低温と日照不足があったが、品質への影響は少なく、未熟粒の少なさ、心白の大きさ、粒揃いやつやなど品質が全体的に高かった」と評しました。

 同米は、美方郡新温泉町の浜坂地域で30年以上にわたって栽培される酒造好適米です。大粒でタンパク質が少なく、心白が大きいのが特長です。同米で醸したお酒は、雑味が少なく、深いコクと切れのある後味に仕上がります。浜坂地域の生産者63人が約39㌶で栽培し、29年度は香住鶴株式会社など地元の酒蔵に218㌧出荷します。

そのほかの結果は次のとおりです。

【玄米の部】

優秀賞(新温泉町長賞)=岡村清一さん

同 賞(新温泉農業改良普及センター所長賞)=尾崎利行さん

同 賞(全国農業協同組合連合会兵庫県本部長賞)=田中良明さん

同 賞(兵庫県酒米振興会長賞)=奥田典和さん

【稲株の部】

技術賞=島田政実さん、森場滝徳さん、山本久さん、七理昶支さん

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ja-tajima.or.jp/mt/mt-tb.cgi/9401