活動レポート

但東町でチューリップ祭り開園

170418tantou1.jpg 但東支店管内のたんとう花公園(豊岡市但東町畑山)で4月18日、「2017たんとうチューリップまつり」が始まりました。約2.1haの畑に300種類100万本のチューリップが見頃を迎え、来場者を楽しませています。祭りは30日まで。

 同支店や地元観光協会などでつくる実行委員会が主催。毎年絵柄が変わるメーンのフラワーアートの今年のデザインは、明治製菓のスナック菓子キャラクター「カールおじさん」です。6色のチューリップ約10万本で21aの広さに描きました。町内の3認定こども園の園児計64人が、一斉に風船を飛ばし開幕を飾りました。(写真)

 祭りは今年で26回目。昨年累計来場者数が100万人を超えたのを記念した「宝探し」は、期間中毎日10人に町内の宿泊施設の宿泊券や農産物などが当たります。同まつり実行委員長の霜倉和典さんは、「3月は寒い日が続き生育遅れを心配したが、4月になって暖かくなり、例年並みの開花となった。今週末が見頃のピークだろう」と話しました。

 同支店や但東営農生活センターの職員は、スタッフとして受付や球根の予約販売などを担当します。小西明彦同支店長は、「地域のイベントを盛り上げようと、組合員、職員が協力して取り組んでいる。来場者の笑顔から、元気がもらえる」と話していました。

 開園は午前9時から午後5時。問い合わせは但東シルクロード観光協会(TEL0796-54-0500)まで。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ja-tajima.or.jp/mt/mt-tb.cgi/9079