あぐりキッズスクール

【 但東 】第2回 裸足で田植えに挑戦だ!

           180527aguritantou1.jpg
 5月27日、あぐりキッズスクール但東会場の第2回を豊岡市但東町奥矢根地区で開催しました。今回の内容は、野菜の植え付け、田植えです。それではその様子をどうぞ。

 

180527aguritantou2.jpgちゃぐりんの時間では、ちゃぐりん5月号(P16~18)を使って、いろんな料理で使われる『卵』について勉強しました。熱を加えると固まる理由など卵の3つの特性を学びました。

その他、今日植え付けするピーマンについて、但東町で栽培が盛んなことや、田植えをするコウノトリ育むお米の無農薬栽培のことなども勉強しました。

  

 

180527aguritantou3.jpg

 

最初の農業体験は野菜の植え付け。農業の先生、農家の森井さんに植え方のお手本を見せてもらったあと、ピーマン、シルクなす、ミニトマト、サツマイモの苗を植え付けました。

「ピーマンの苗は、深く植えると病気になりやすいから、浅目に植えるように」と森井さん。

  

 

 

180527aguritantou4.jpg

 

こちらは、シルクなす。真っ白いナスができます。ナス苗には、小さなトゲがあるから気を付けて。7月にシルク野菜ピザを作るときの食材にするよ。

 

   

 

 

180527aguritantou5.jpg 

青壮年部の鎌田さんも手伝いに来てくれました。サツマイモは10月に収穫して、JAふれあいまつりで販売体験をする予定です。

   

 

 

 

 

180527aguritantou6.jpg 

「大きくなりますよーに」とおまじないをかけながら、たっぷり水をやりました。

 

 

 

 

 

 

180527aguritantou7.jpg次はおまちかねの田植えです。こちらの田んぼでは、コウノトリ育むお米を無農薬で栽培します。農家の野世さんご夫婦に苗の植え方を教えてもらいました。

「苗は赤ちゃんだからやさしく植えてあげてね」

 

 

 

 

 

180527aguritantou8.jpg

いよいよ裸足で田んぼの中へ。

初めは慣れない泥の感触に戸惑っていましたが、だんだん慣れて楽しそうに田植えをしていました。

9月に稲刈りをします。

 

 

 

 

 

第2回はこれまで。次回6月17日は、丹波黒大豆の植え付けと田んぼの生きもの調査をします。お楽しみに。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ja-tajima.or.jp/mt/mt-tb.cgi/9624