活動レポート

和田山施設の新築工事の安全祈願

170907wadayama1.jpg JAたじまは9月7日、和田山支店と構内施設の整備工事の安全祈願祭を朝来市和田山町枚田の建設予定地で開きました。JA役職員や地元組合員、施工業者ら約30人が出席して神事を行い、工事の安全を願いました。
 昭和51年に朝来郡農協の本店として建設した現支店の老朽化に伴う移転新築です。構内にある介護センター、営農生活センター、資材店舗も整備して1棟の建物にします。新築する建物は鉄骨造平家建で、延べ床面積2,569.31㎡。118.1平方㎡の調理室も併設します。来年2月末に完成し、3月19日から営業を始める予定です。
 尾﨑市朗組合長は、「施設の無事完成を願う。朝来市は兵庫県のほぼ中央に位置し交通の利便性が高い地域。組合員や利用者が気軽に立ち寄れる施設にしたい」と話していました。
 敷地内にある㈱エーコープ近畿が運営するエーコープ和田山店も移転新築し、来年6月頃完成します。店内に農産物直売所を開設し、ファーマーズマーケットたじまんまの和田山店として営業する予定です。
 現在の建物は新築後に取り壊し、300台駐車可能な駐車場になります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ja-tajima.or.jp/mt/mt-tb.cgi/9267