活動レポート

但馬牛せり市 引き合い強い相場続く

 JAたじまは11月8日、「但馬牛」の子牛を取り引きする子牛せり市を但馬家畜市場で開きました。市場全体の平均価格は前月に比べ9,764円下げましたが、93万7,204円と依然90万円を超える高値相場が続いています。

171108kousiiti.jpg せり市には、淡路地域を除く兵庫県内の繁殖農家が生後7~11カ月の雌牛135頭、去勢牛186頭の合計321頭を上場。

 市場には兵庫県内をはじめ、三重県など銘柄和牛の産地から多くの購買者が訪れました。

 この日の総販売高は3億84万2,640円。美方郡香美町村岡区の長瀬五一さんが出品した、父に「芳山土井」、母の父に「照一土井」の血統を持つ雌牛が173万7,720円で落札され、今年の最高価格を更新しました。

 去勢牛では、父に「丸宮土井」、母の父に「福芳土井」の血統を持つ、養父市大屋町の岩花希さんの出品牛が117万5,040円で競り落とされました。

 JA畜産課の村尾忠司課長は、「他県の子牛相場は下げているようだが、但馬市場では、特産松阪牛のもと牛導入と、畜産クラスター事業等での地元繁殖農家の導入意欲が競合していて、特に雌子牛の価格を押し上げているようだ」と話していました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ja-tajima.or.jp/mt/mt-tb.cgi/9352