JAたじまの農作物

よい環境の中でまごころこめて育んだ農産物

農作物イメージ

但馬地方は美しい自然に囲まれ、豊かな土壌が広がっています。ここの農産物は、良好な環境の中で生産者がまごころを込めて育て上げられており、野菜が本来もつ濃い味わいが特徴となっています。
また多くの生産者は食の安全・安心を心がけ、農薬や化学肥料も一般的に使われるレベルより低く抑える取り組みを行っています。JAたじまも、このような安全で自然にもやさしい環境共生型の農業を応援しています。

JAたじまの特産品

夏秋ピーマン
夏秋ピーマン
肉厚で光沢のある「たじまピーマン」。近畿最大の出荷量を誇ります。
岩津ねぎ
岩津ねぎ
青い葉から白い根の部分まで食べられる「岩津ねぎ」。寒さが増すほど柔らかく、甘さが増します。
furusato_intro.jpg
ふるさと但馬(たじま)米
田植えや稲刈り等のイベントを通して、お米の生産者と消費者をつなぐ田んぼです。
rice_intro.jpg
コウノトリ育むお米
コウノトリの餌場となる田んぼや周りに棲む生き物を育み、コウノトリの住みやすい環境作りをめざします。

農業・農作物に関するお問い合わせ
<JAたじま 営農課>
・電話 0796-24-6673 (8:30~17:00)
・FAX 0796-24-6703
・Eメール einou@ja-tajima.or.jp