但馬牛・せり市

日本が誇るブランド牛のルーツは但馬牛。

tajimagyu_intro.jpg

かつては水田耕作や運搬用の役牛として飼われていた但馬牛。古くから優れた資質で知られていたこの牛は、日本人の肉食が始まるとともに、極上肉牛のルーツとして注目を集めてきました。
但馬では但馬牛の血統を守りながら改良を重ね、畜産のさらなる振興を図るため、家畜市場で子牛のせり市が開催されています。

但馬牛について

世界に誇る但馬ビーフ

tajimagyu_sekai.jpg

実は、「但馬牛」は、みなさんがよく知っている有名な和牛のルーツ(素牛)なのです。
というのも、但馬で育てられた子牛が売られる「セリ市」には、神戸や松阪など全国から多くの繁殖農家や業者が買いにやってきます。
そして、買った子牛を育成し、「神戸ビーフ」や「松阪牛」といった牛になるわけです。

但馬牛についてもっと知る

tajimagyu_oisisa.jpg
但馬牛おいしさの秘密
抜群の肉質「但馬牛」。そのおいしさの秘密に迫ります。
tajimagyu_taberu.jpg
但馬ビーフを食べるなら
おいしい但馬ビーフを食べられる名店をご紹介しています。
tajimagyu_sell.jpg
但馬牛肉専門店
JAたじまの但馬牛直営店「温泉肉の店」をご紹介します。
tajimagyu_saikouhou.jpg
和牛の最高峰但馬牛とは?
「但馬牛」の優れた資質や特長、歴史についてはこちら。
tajimagyu_recipe.jpg
但馬牛特選レシピ
但馬牛をよりおいしく食べられるレシピをご紹介します。

セリ市について

「但馬牛」のセリ市

seriichi_intro.jpg

JAたじまでは、但馬家畜市場(養父市)で、6・8月を除く毎月、第2水曜日に但馬牛の子牛市を開催しています。
但馬家畜市場は、但馬牛の優秀な血統と産地の取り組みが評価され、家畜市場別和子牛平均価格において、2008・2009年度と2年連続一位となりました。

セリ市についてもっと知る

seriichi_seri.jpg
子牛セリ市開催日程・結果
「但馬家畜市場」での、子牛せり市の開催日程と結果について。
seriichi_sukusuku.jpg
すくすく草育ち
健康で丈夫な和牛を育てる取組みを行なっています。
seriichi_access.jpg
市場へのアクセス
「但馬家畜市場」へのアクセス方法はこちら。

但馬牛に関するお問い合わせ
<JAたじま 畜産課>
・電話 079-665-1500 (8:30~17:00)
・FAX 079-665-0137