メニューとじる

出荷会員募集

ご自慢の野菜や花を
出荷してみませんか?

ご自慢の野菜や花を出荷してみませんか?
ご自慢の野菜や花を出荷してみませんか?
ご自慢の野菜や花を出荷してみませんか?
ご自慢の野菜や花を出荷してみませんか?

たじまんまは、誰でも参加できる地場産農畜産物の販売施設です。
多くの方に出荷登録していただき魅力的なファーマーズマーケットにしたいと考えています。
一人でも多くの方の出荷登録をいただき、地場産農産物の出荷をお願いいたします。

※出荷できるのは、JAたじま管内で、栽培、採取、加工された農畜産物、民芸品などです。(ただし米は除きます)

出荷する理由は人それぞれ
  • 珍しい野菜が収穫できた!
  • 多くの人に自慢の野菜を味わってもらいたい!
  • わずかな量の農産物だけど出荷できるのかしら…
  • 家庭菜園の農産物を大量に収穫!家庭では消費しきれない…
  • 農産物の収穫って一度に集中してしまうのよね…
  • 趣味で育てた花を出荷できないかしら…
出荷する理由は人それぞれ

少しでも興味のある方は
最寄りの営農生活センターまで
お気軽にお電話ください

  • たじまんま

    0796-22-0300

  • 豊岡営農生活センター

    0796-24-3641

  • 日高営農生活センター

    0796-42-5304

  • 出石営農生活センター

    0796-52-3387

  • 但東営農生活センター

    0796-54-1080

  • 香住営農生活センター

    0796-36-4475

  • 村岡営農生活センター

    0796-98-1111

  • 温泉営農生活センター

    0796-92-2383

  • 浜坂営農生活センター

    0796-82-1598

  • 八鹿営農生活センター

    079-662-4141

  • 和田山営農生活センター

    079-672-4800

  • 朝来営農生活センター

    079-670-4341

  • 山東営農生活センター

    079-670-7744

  •  

会員登録から
精算までの流れ

1会員登録

必要書類を提出し、出荷会員登録をしていただきます。
入会後、IDカードと登録生産者用の帽子をお渡しします。

  • ※店舗内への入場はIDカードと帽子の着用が必須となります
  • ※必要書類:会員登録書/販売委託契約書/講座振替依頼書
アイコン

2種まき・収穫

病害虫に注意して、種まき〜収穫まで育てます。

アイコン

生産履歴出荷の3日前までに、生産履歴を提出

3袋詰め・結束

畑で収穫したものを各農家の作業場で袋詰めし、ファーマーズマーケエットへ持ち込みます。

アイコン

4バーコードラベル発行/貼付

6:30~8:30

バーコード発行機でバーコードラベルを発行し商品に貼り付けます。

  • ※生産履歴の提出がないとバーコードラベルの発行はできなくなります。
アイコン

5商品の陳列

商品を種類ごとに陳列します。

アイコン

6売り上げ状況のメール連絡、追加出荷

営業時間中

売り上げの状況が携帯電話にメール送信されます。追加出荷は随時できるので、状況を見て追加可能です。

アイコン

7閉店後売れ残り商品を引き取り

18:00~

閉店後、売れ残り商品を引き取ります

  • ※翌朝の出荷時でも可能
アイコン

7精算(月2回 講座振込)

精算は月2回、個人ごとに売り上げを集計し手数料やラベル代などを差し引いて指定講座へ振り込みます。

販売手数料青果物…18%加工品…23%
ラベル代等実費を精算時に差し引きいたします。※青果物一枚1円程度、加工品は3円程度
アイコン

出荷の1日の流れ

出荷の1日の流れ

少しでも興味のある方は
最寄りの営農生活センターまで
お気軽にお電話ください

  • たじまんま

    0796-22-0300

  • 豊岡営農生活センター

    0796-24-3641

  • 日高営農生活センター

    0796-42-5304

  • 出石営農生活センター

    0796-52-3387

  • 但東営農生活センター

    0796-54-1080

  • 香住営農生活センター

    0796-36-4475

  • 村岡営農生活センター

    0796-98-1111

  • 温泉営農生活センター

    0796-92-2383

  • 浜坂営農生活センター

    0796-82-1598

  • 八鹿営農生活センター

    079-662-4141

  • 和田山営農生活センター

    079-672-4800

  • 朝来営農生活センター

    079-670-4341

  • 山東営農生活センター

    079-670-7744

  •  

ファーマーズマーケットでは
生産者の手取りが多くなります

ファーマーズマーケットは一般的な市場流通より流通経費が少なくなるため、手取りが多くなります。

アイコン

ファーマーズマーケットで

100万円を売り上げることは難しくありません。

例えば

3日に1度、3種類の農産物を20袋程度、1年間継続して出荷すると

3種類×20袋×120日(360日÷3日に1度)=7,200袋

1袋を150円で販売したとすると、
売上は 7,200袋×150円
1,080,000円になります。

生産者の手取りを比較しても

断然ファーマーズマーケットがお得!

ファーマーズマーケットで販売することで、消費者はスーパーなどより安値で購入することができ、生産者はより多くの手取りを得ることができます。

グラフグラフ

例えば

売上1,080,000円あたりの生産者の手取りを一般的な市場流通と比較すると

  売上 手取比率 生産者の手取
一般的な市場流通 1,080,000円 44% 475,200円
ファーマーズマーケット
(たじまんま)
1,080,000円 67% 723,600円
生産者の手取に
248,400円の差があります
(723,600円-475,200円)

ファーマーズマーケットは出荷者、消費者、店舗の協力により素敵な店になります。

品揃えと集客力は比例します。
ファーマーズマーケットの一番の魅力は鮮度と味です。生産者によって毎日畑から直接店舗に持ち込まれる多くの種類の農産物、どれもこれも新鮮で美味しい。こんな農産物の集まる店は消費者にとってとても魅力的です。夕方、残ったものは引き取られ、毎朝、採りたての新鮮な農産物が店頭に並ぶのがファーマーズマーケットです。
だから消費者は安心して買うことができます。
消費者は地場産の農産物を買うことで感染的に地域の農業振興をしていることになります。その満足感は深く大きいものです。店舗は生産者と消費者がいつでも気持ちよく来社できるような安産あ安心な農産物のお品揃えと従業員の丁寧な対応、店舗の美化に努めます。3者の協力により素敵なファーマーズマーケットにしていきましょう。

ファーマーズマーケットは素敵な店になります。

少しでも興味のある方は
最寄りの営農生活センターまで
お気軽にお電話ください

  • たじまんま

    0796-22-0300

  • 豊岡営農生活センター

    0796-24-3641

  • 日高営農生活センター

    0796-42-5304

  • 出石営農生活センター

    0796-52-3387

  • 但東営農生活センター

    0796-54-1080

  • 香住営農生活センター

    0796-36-4475

  • 村岡営農生活センター

    0796-98-1111

  • 温泉営農生活センター

    0796-92-2383

  • 浜坂営農生活センター

    0796-82-1598

  • 八鹿営農生活センター

    079-662-4141

  • 和田山営農生活センター

    079-672-4800

  • 朝来営農生活センター

    079-670-4341

  • 山東営農生活センター

    079-670-7744

  •