JAたじまの農作物

おいしさの特長

梨山と呼ばれる山の斜面で栽培されるため、作業が大変な面もありますが、但馬の自然に育まれ、独特の甘みやきめの細やかさ、みずみずしさなどおいしい梨を作り上げています。


旬 ・・・ 8月下旬~9月下旬

育て方

二十世紀梨は、数ある梨の種類の中でも、甘味・酸味のバランスがよく、梨の王様と呼ばれるように代表的な品種です。しかし、黒斑病という病気に極端に弱く、梨の中でも栽培の管理に大変気をつかう品種です。
 秋の収穫が終わると、地元のカニ殻や牛フン堆肥を使った土作り資材を健康な樹づくりのために投入し、枝1本・芽1つまで吟味した細かなせん定作業などを行います。
春には、人工受粉・摘果・2度にわたる袋かけなど、休みなしの作業が続きますが、年間をとおして、適期管理・適期防除が必要です。

レシピ

梨シャーベット

材料(4人分)

梨大1個、砂糖大さじ2、板ゼラチン2枚、あればミントの葉


作り方

(1)板ゼラチンは冷水に5分浸ける。(水は適宜)
(2)梨の皮をむき、半分はおろし金ですりおろし、ポリ袋に入れる。
(3)半分の梨は5mm角の粗みじん切りにし、2に加える。
(4)板ゼラチンは水をしぼり、耐熱容器に入れ、電子レンジで20〜30秒加熱して溶かす。
(5)4に3の梨を少し入れ、よく混ぜてポリ袋に戻し、よく混ぜる。
(6)5に砂糖を加え、よく混ぜる。
(7)ポリ袋に空気が入らないようにしながら、ポリ袋の上の方の口を絞る。
(8)ポリ袋を平らにして、冷凍庫で凍らせる。時々上下を返す。
(9)凍ったら器に盛り、ミントをそえる。

日本農業新聞アンドユー「おかわりレシピ」から

部会紹介

ガイドライン

JAたじま
お店で見つけてください。
JAたじまのロゴがついた商品は、私たちがおいしさと安全・安心を認めたしるし!
農業・農作物に関するお問い合わせ
<JAたじま 営農生産部 特産課>
・電話 0796-24-6672 (8:30~17:00)
・FAX 0796-24-6702
・Eメール tokusan@ja-tajima.or.jp