JAたじまの農作物

食と農のかけはし

JAたじまは農と食を考え、次代の農業を見つめています。

食農イメージ

日本の未来はもちろんのこと、これからの農業や但馬地方の発展、食糧自給率の向上など、この地に暮らす私たちが考えなければならないことは数多くあります。
JAたじまでは将来を担う子供たちをはじめ、労働の中心となる大人や年配者、高齢の方々すべてに至るまで、農と食の大切さを学び実感していただきたいと考え、さまざまな体験や食育を通じて農業に関心をもっていただく機会を提供してまいります。

主な活動

ピーマン栽培体験

ピーマンイメージ

夏秋ピーマンの中では近畿最大を誇る「たじまピーマン」。この地域に住む子どもたちに「たじまピーマン」をもっと知ってもらい、好きになってほしいと、 毎年、管内の小学生を対象に栽培体験をしています。この体験で、ピーマン大好きになった子もたくさん育ってきました。

ピーマン栽培体験の詳細情報はこちら

あぐりキッズスクール

あぐりキッズスクール

子どもたちに、農業体験を通して、食と農について理解を深めて欲しいと、平成21年度から「あぐりキッズスクール」に取り組んでいます。 楽しみながら、食と農について学んだ子どもたちが、但馬の農業の強力なファンになってくれることを願っています。

あぐりキッズスクールの詳細情報はこちら

産地交流田

産地交流田

JAたじまの主力ブランド米「ふるさと但馬(たじま)米」。このお米のよさはもちろん、作り手の思いや但馬の豊かな環境を多くの人に実感してもらいたい。そんな思いから、取引先の「神明」をはじめ、流通関係者も一緒になってお米作りに取り組んでいます。

産地交流田の詳細情報はこちら

「コウノトリの贈り物」認定制度

こうのとりイメージ

より安全・安心な農産物を食卓へお届けしたい。 「コウノトリの贈り物」の制度は、農林水産省の特別栽培農産物の条件を満たしていることはもちろん、環境に対する負荷軽減の努力など7項目の条件を満たすことを条件にした制度です。

「コウノトリの贈り物」認定制度の詳細情報はこちら

農業・農作物に関するお問い合わせ
<JAたじま 営農課>
・電話 0796-24-6673 (8:30~17:00)
・FAX 0796-24-6703
・Eメール einou@ja-tajima.or.jp