JAたじまの農作物

丹波黒大豆

おいしさの特長

黒大豆は、おせち料理に欠かせない日本人になじみの深い食材です。特に丹波黒大豆は、兵庫県を代表する特産物で、粒の大きさ、色合い、味どれをとっても大豆の王様です。
6月の播種から6ヶ月間、丹精こめて栽培し、お正月のおせち料理を飾ります。


おいしい野菜の見分け方

表面に白い粉がふいており、色つやがよく、張りのあるものを選びましょう。
豆は紙袋か缶に入れて、気温や湿度の変化の少ない冷暗所か冷蔵庫に保管しましょう。

育て方

6月上旬に播種を行い、収穫は12月。 7月には2回の土寄せ作業を行い、年内出荷に向けて、11月上旬より葉取り作業をおこなった後に乾燥作業を行います。
機械で大きさをより分けた後、人の手により1粒ずつ選別を行い出荷します。

レシピ

黒豆煮

材料

丹波黒大豆:150g、しょうゆ:大さじ1杯、砂糖:120g、重曹:少々、食塩:小さじ3/5杯、水:カップ3杯、さびた鉄釘:3~4本、さし水


作り方

(1)黒豆は洗ってざるにあげ、釘も洗って布袋(ガーゼ)に入れます。(古釘は色つやをよくするため使用します)
(2)厚手の深鍋に(1)と砂糖、しょうゆ、食塩、重曹を入れ、水を沸かした熱湯に入れてふたをして一晩おきます。
※冷水に漬けて戻した場合、皮がむけやすくなるので必ずお湯で戻してください。
(3)翌日、(2)を中火にかけ、沸騰したら泡とアクをとり、2回に分けてさし水をし、落しぶたをしてごく弱火で煮汁がひたひたになるまで5~7時間ゆっくり煮詰めます。
豆が常時煮汁から出ないように、仕上がったら煮汁につけたまま冷ますのがコツです。

部会紹介

JAたじまあさご黒大豆部会

JAたじまあさご黒大豆部会は、20年以上の歴史のある部会です。兵庫県を代表する特産物「丹波黒大豆」をひとりひとりが誇りを持って栽培しています。仲間作りと産地規模の拡大、定期的な種子更新、安定販売で信用される産地の維持に努め、部会員の間の栽培情報交換を行い、品質向上をめざしています。

摘要
人数 140名
事務所所在地

兵庫県朝来市立ノ原43

代表 藤岡 肇
品種名 丹波黒大豆
栽培面積 55ha
栽培地域 朝来市

お問い合わせ先

JAたじま 和田山営農生活センター
・電話 079-672-4800

ガイドライン

JAたじまあさご黒大豆部会

農林水産省新ガイドラインによる表示
特別栽培丹波黒大豆
化学合成農薬 当地比7.5割減
化学肥料 栽培期間中不使用
栽培責任者 JAたじまあさご黒大豆部会
所在地 兵庫県朝来市和田山町立ノ原43
連絡先 079-672-4800
確認責任者 たじま農業協同組合和田山営農生活センター
所在地 兵庫県朝来市和田山町立ノ原43
連絡先 079-672-4800
URL http://www.ja-tajima.or.jp/
節減対象農薬の使用状況
成分 用途 使用回数
チアメトキサム 殺虫 1
クロチアニジン 殺虫 1
ジノテフラン 殺虫 1
JAたじま
お店で見つけてください。
JAたじまのロゴがついた商品は、私たちがおいしさと安全・安心を認めたしるし!
農業・農作物に関するお問い合わせ
<JAたじま 営農生産部 特産課>
・電話 0796-24-6672 (8:30~17:00)
・FAX 0796-24-6702
・Eメール tokusan@ja-tajima.or.jp