JAたじまの農作物

トマト

おいしさの特長

トマトは野菜の中でも特別光を必要とする作物で、朝日がたくさん当たるように工夫しておいしく・大きく・健康なトマトを作ることに努力しています。
12月に種まきをして、半年以上にわたりさまざまな世話をしてみずみずしい赤い実を付けます。1つ1つのトマトに愛情を込めて育てたこの味は糖度が特に高く食味が良い。もう食べてみるしかありません。


旬 ・・・ 6月~8月

おいしい野菜の見分け方

完熟したもの。
色、つや、張りがありヘタが緑色でいきいきしているもの。
保存は5度前後で保存する。常温で置いておくと、成熟が進みます。熟れすぎをとめたい場合には、ポリ袋にいれて冷蔵庫へ入れましょう。

育て方

12月から共同で育苗をおこない、グループ全員で何日かに分けて、全て接木を行っています。かつては受粉作業を手で行っていましたが、受粉は主にマルハナバチに任せて使用花粉の媒介をハチに行わせることにより、省力化をはかっています。
また、たくさんの日光、特に朝日を当てるために実を東に向く様にしたり、葉を落とす作業をしたり、小さいことですが工夫と作業を積み重ねることで、より品質のよいトマトを作っています。

レシピ

但馬の新鮮なトマトはやっぱり丸かぶりがオススメですが、簡単料理を少し載せてみました。

トマトとキュウリの酢の物

材料(4人分)

トマト:大2個、キュウリ:2本、タマネギ:1/4個、青ジソの葉:10枚、ドレッシング(だし汁:1カップ、酢:大さじ2、砂糖:小さじ2、塩:小さじ1/3、ゴマ油:小さじ2)


作り方

(1)トマトは湯むきし、一口大に切ります。キュウリは厚さ1cmの小口切りにし、塩少々(分量外)をふってしんなりしたら水気を切ります。
(2)タマネギは粗みじん切りに、青ジソは千切りにします。
(3)ドレッシングの材料を混ぜ合わせます。
(4)器にトマトとキュウリを盛ってタマネギをちらし、ドレッシングをかけて青ジソをのせると出来上がり。

トマトのチーズ焼き

材料

トマト:1個、とろけるチーズ:お好み、マヨネーズ:適量、塩コショウ:少々、大葉:2枚


作り方

(1)トマトのヘタをとり1cmの輪切りにして、大葉は千切りにします。
(2)アルミホイルの上にトマトを置いてチーズのせて、マヨネーズと塩コショウをかけます。
(3)ピーマンを入れ、しんなりするまで煮ます。
(4)チーズが溶けるまで焼いて大葉をのせて出来上がり。

簡単トマトサラダ

材料

トマト:1個、モッツァレラチーズ:50g、塩:お好み量、オリーブオイル:大さじ1


作り方

(1)トマトをお好みの厚さに輪切りにします。
(2)薄切りにしたチーズをのせます。
(3)お皿に盛り、塩をお好みでふりかけて、最後にオリーブオイルを回しかけて完成。

部会紹介

JAたじま 豊岡そ菜部 トマト委員会

豊岡そ菜部(ピーマン、イチゴ、トマト、レタス、ホウレンソウ、キクナ、キャベツを栽培)内のトマトを栽培しているグループです。仕事に関しては、トマトの色と同じく赤く燃えているアツイ集団です。20代の若い生産者も居て勢いあるグループです。ぜひ、おひとつガブっといってみて。

摘要
人数 12名
事務所所在地

豊岡市八社宮490

代表 小西 勲
品種名 CF桃太郎ファイト他
栽培面積 188a
栽培地域 豊岡市

お問い合わせ先

JAたじま 豊岡営農生活センター
・電話 0796-24-3641
・FAX 0796-24-2221


JAたじま 営農生産部 特産課
・電話 0796-246672
・FAX 0796-24-6702

ガイドライン

JAたじま 豊岡そ菜部 トマト委員会

農林水産省新ガイドラインによる表示
特別栽培トマト
化学合成農薬 当地比5割減(使用回数)
化学肥料 当地比5割減(窒素成分)
栽培責任者 豊岡ハウストマト委員会
所在地 兵庫県豊岡市八社宮49
連絡先 0796-24-3641
確認責任者 JAたじま豊岡営農生活センター
所在地 兵庫県豊岡市八社宮490
連絡先 0796-24-3641
URL http://www.ja-tajima.or.jp/
節減対象農薬の使用状況
成分 用途 使用回数
マンゼブ 殺菌 1 1 1 1 1 1 1 1
メタラキシル 殺菌 1 1 1 1 1 1 1 1
DBEDC 殺菌 1 1 1 1 1 1 1 1
ジエトフェンカルブ 殺菌 1 1 1 1 1 1 1 1
チオファネートメチル 殺菌 1 1 1 1 1 1 1 1
アゾキシストロビン 殺菌 1 1 1 1 1 1 1 1
シモキサニル 殺菌 1 1 0 0 0 0 0 0
ファモキサドン 殺菌 1 1 0 0 0 0 0 0
トリフミゾール 殺菌 0 0 1 1 1 1 0 0
チオファネートメチル 殺菌 0 0 1 1 0 0 1 1
ボスカリド 殺菌 0 0 0 0 1 1 1 1
ホスチアゼート 殺虫 1 1 1 1 1 1 1 1
アセタミプリド 殺虫 2 2 2 2 2 2 2 2
エマメクチン安息香酸塩 殺虫 1 1 1 1 1 1 1 1
ピリプロキシフェン 殺虫 1 0 1 0 1 0 1 0
ジノテフラン 殺虫 0 1 0 1 0 1 0 1
グルホシネート 除草 1 1 1 1 1 1 1 1
着果促進剤   1 1 1 1 1 1 1 1

※農薬の使用は、上記の8種類のいずれかの使用方式にて、栽培されています。

JAたじま
お店で見つけてください。
JAたじまのロゴがついた商品は、私たちがおいしさと安全・安心を認めたしるし!
農業・農作物に関するお問い合わせ
<JAたじま 営農生産部 特産課>
・電話 0796-24-6672 (8:30~17:00)
・FAX 0796-24-6702
・Eメール tokusan@ja-tajima.or.jp