産地交流田

25年産米の生産スタート 今年も田んぼで交流

130415santi-utiawase.jpg 但馬地域にも春が訪れ、いよいよ農作業が本格化してきました。 

 今年も、ふるさと但馬米振興会は産地交流田を活用して、生産者と消費者、流通・小売の関係者が一緒になって米作りを体験します。4月15日には関係者が集まり、今年度の作業について打合せを行いました。

 

 

 

【今後の主な予定】

4月23日 肥料の散布と水稲育苗の管理

5月11日 消費者による田植え体験

6月中旬 溝きり

7月、8月 草刈り

9月 稲刈り

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ja-tajima.or.jp/mt/mt-tb.cgi/6869