JAたじまのご紹介

JAたじま平成28年度基本方針

 
 

 TPP交渉が大筋合意となり、改正農協法が施行される中にあって、JAはJA大会で決議した「創造的自己改革への挑戦」、すなわち「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」の3つの重点課題に取り組まなければなりません。
 人口減少と高齢化が進む但馬地域において、しっかりと地域の現状を踏まえつつ、いかにしてこれらの重点課題に取り組んでいくのか、これまで以上にJAたじまの果たすべき役割が問われています。
 平成28年度は、中期3か年計画「Plan2016」の実践最終年度でもあり、次の3か年計画への橋渡しとなる重要な年度でもあることから、次の事項を基本方針として、大きく変化しつつある環境変化を先取りするような、様々な取り組みに果敢に挑戦していきます。

平成28年度事業計画では、次の事項を基本として事業展開していきます。

1. 

農業者の所得増大と農業生産拡大のために、JAの全部署が連携して取り組む体制を構築し、生産者とともに、但馬ブランドの一層の確立をはかります。

2. 

人口減少と高齢化が進展する中にあっても、JAの総合事業と地域に密着した活動で、くらしやすい但馬地域にしていきます。

3.  かけがえのない但馬を次代へつなぐため、JA事業における次世代への利用を促進する取り組みを進めます。
4. 

あらゆる事業で「地域信頼度ナンバーワン」を目指し、組合員とより深く、より広く、より密着した関係を構築し、「組合員の力(つながり)」による事業量の拡大をはかります。

5.

コンプライアンス態勢を強化し、助け合い支え合う心と高い倫理観に裏打ちされた組織風土を作ります。

JAたじまへのお問い合わせ
<JAたじま 総務部 組織広報課>
〒668-0051 兵庫県豊岡市九日市上町550-1 
・電話 0796-24-6602 (08:30~17:00)
・FAX 0796-22-1138
・Eメール relation@ja-tajima.or.jp

各支店・部署・関係先のお問い合わせ先一覧はこちら