JAたじまの農作物

コウノトリ育む農法

育て方

コウノトリを野生復帰させるため「コウノトリ育む農法」により栽培を行っています。

コウノトリ育む農法とは?

コウノトリ育む農法の定義

おいしいお米と多様な生き物を育み、コウノトリも住める豊かな文化、地域、環境づくりを目指すための農法。


1.水管理によって生きものを育みます

  • 冬期湛水(冬に田んぼに水を張る)
  • 早期湛水(田植より1ヶ月前から水を張る)
  • 深水管理
  • 中干し延期(中干しの開始を通常より3週間ほど遅くする)

2.安全・安心な農業で生きものを育みます

  • 無農薬栽培および減農薬栽培(魚毒性の低いものに限る)
  • 堆肥土づくり資材の施用

3.生き物の生息しやすい水田づくり

  • 冬期湛水(冬に田んぼに水を張る)
  • 素掘り水路の設置(水生動物の逃げ道)

これらの技術を取り入れ、コウノトリの餌となる生き物を育む農法を、『コウノトリ育む農法』といいます。

具体的な栽培方法

化学肥料:栽培期間中不使用、農薬:栽培期間中不使用

  • 育苗段階から有機質肥料を使用します。⇒無化学肥料栽培
  • 無消毒種子をお湯で消毒します。⇒種子消毒の排除
  • 農薬は栽培期間中使用しません。。⇒無農薬栽培
  • 除草効果を高める、また、生きものを生息しやすくするために深水管理をします。
  • 土作りを行い、肥料も必要以上に使用しません。⇒病気に強く食味の良いイネ作り
  • オタマジャクシ、ヤゴの成長に合わせる為、7月上旬まで中干しをしません。
  • より多くの生きものを田んぼで育てるために、田植前一ヶ月以上前より水を張ります。

農業・農作物に関するお問い合わせ
<JAたじま 営農課>
・電話 079-662-4145 (8:30~17:00)
・FAX 079-662-2304
・Eメール einou@ja-tajima.or.jp