JAたじまの農作物

コウノトリ育むお米(減農薬)

おいしさの特長

コウノトリは肉食の鳥で、田んぼや湿地でカエル、ドジョウなどの小魚を主なエサとしています。
自然豊かなコウノトリの餌であるドジョウなど、田やその周りに棲む生物が十分に生息できるよう減農薬農法に取り組み、さらに冬にも田に水を張るなど、生物に配慮した農法により生産されています。生態系、自然環境に配慮した農法で育成されたおいしいコシヒカリで、安心してお召し上がりいただけます。


育て方

コウノトリを野生復帰させるため「コウノトリ育む農法」により栽培を行っています。

»コウノトリ育む農法の説明へ

部会紹介

コウノトリ育むお米生産部会

安全・安心でおいしいお米と多様ないきものを育み、コウノトリも住める豊かな文化・地域・環境づくりを目指します。
摘要
人数 259名
事務所所在地

兵庫県養父市八鹿町朝倉1141
たじま農業協同組合 営農生産部 営農課

代表 大原 博幸
品種名 コシヒカリ、五百万石、もち 他
栽培面積 約260ha(酒米を含む)
栽培地域 豊岡市、朝来市、養父市、新温泉町、香美町

お問い合わせ先

〒668-0051 兵庫県豊岡市九日市上町550-1
たじま農業協同組合営農生産部 営農課
・電話 0796-24-6673
・FAX 0796-24-6703

ガイドライン

コウノトリ育むお米生産部会

農林水産省新ガイドラインによる表示
特別栽培米
節減対象農薬 当地比7.5割減
化学肥料(窒素成分) 栽培期間中不使用
栽培責任者 コウノトリ育むお米生産部会 部会長
所在地 兵庫県養父市八鹿町朝倉1141
連絡先 079-662-4145
確認責任者 たじま農業協同組合 営農生産部 営農課
所在地 兵庫県養父市八鹿町朝倉1141
連絡先 079-662-4145
URL http://www.ja-tajima.or.jp/nousan/nousan_top.html
節減対象農薬の使用状況

平成26年産

成分用途使用回数
クロラントラニリプロール 殺虫 1回
オキサジクロメホン 除草 1回
テフリルトリオン 除草 1回
ベンタゾンナトリウム塩 除草 1回

平成27年産

成分用途使用回数
クロラントラニリプロール 殺虫 1回
オキサジクロメホン 除草 1回
テフリルトリオン 除草 1回
ベンタゾンナトリウム塩 除草 1回

平成28年産

成分用途使用回数
ピラクロニル 除草 1回
プロピリスルフロン 除草 1回
ベンタゾンナトリウム塩 除草 1回
JAたじま
お店で見つけてください。
JAたじまのロゴがついた商品は、私たちがおいしさと安全・安心を認めたしるし!
お米に関するお問い合わせ
【営農指導、部会に関するお問い合わせ】
〒668-0051 兵庫県豊岡市九日市上町550-1
たじま農業協同組合営農生産部 営農課
・電話 0796-24-6673
・FAX 0796-24-6703

【販売に関するお問い合わせ】
〒668-0854 兵庫県豊岡市八社宮490
たじま農業協同組合直販事業部 米穀課
・電話 0796-24-2205
・ FAX 0796-24-6466