閉じる
たじまで農業

活動レポート

収量・品質向上へ思い切った剪定を JA職員が講習会で学ぶ 

2020.03.03

200302JAたじま 朝倉さんしょ職員向け剪定講習会.jpg

JAたじまは2日、特産振興の重点品目として生産・販売に努めている「朝倉さんしょ」の担当職員を対象に、剪定講習会を開きました。朝倉さんしょ部会が3月中旬ごろに各支部で開く剪定講習会を前に、担当者が確かな技術を身に付け、指導技術を高めるため毎年開いています。関係機関やJA職員など約10人が参加しました。

 養父市八鹿町にある同部会の福井悦雄顧問のほ場で、兵庫県立農林水産技術総合センター北部農業技術センターの吉田健児主任が講師となり、剪定の手順を指導しました。思い切った剪定をすることは、若い枝が増えて実が大きくなりやすく、長期的にも収量と品質の向上につながります。また、低木にすることで収穫作業の安全性、効率が向上するなどの利点があります。

 今年初めて参加した担当者の宮田実歩は「植物の手入れは慎重にしなければいけない中で、しっかり剪定することが大切だと学んだ。今回の講習会を通じて職員間で情報共有し、農家へ指導したい」と意気込みました。