閉じる
JAたじまの特産品

但馬牛

たじまの名を世界に轟かせる
最高峰のおいしさと品質

深い渓谷などの急峻な地形が多いたじまで、古くからここに暮らす人々と共に生まれ育ってきた、小柄で丈夫な牛・但馬牛。現在、但馬牛は世界に冠たる日本のブランドビーフのルーツとして、その存在感を増しています。

グルメに高く評価される但馬牛
他にはない「おいしさ」の秘密

赤身と脂の旨さの絶妙なバランス

遠く平安時代の書物に「耕運、輓車、食用に適す」と記されていた但馬牛。骨が細く、皮下脂肪が少なく、良質な筋繊維を持つ但馬牛は「赤身と脂の旨さ」の絶妙なバランスが特長です。長年、たじまの生産者によって大切に育種改良された但馬牛は、肉の味を決める食感、甘み、香りのすべてを世界中のグルメに絶賛されています。

良質な脂肪が生む「サシ」の甘み

但馬牛が世界中のグルメに絶賛される理由は、「サシ」と呼ばれる霜降り部分の質の良さにあります。この「サシ」は、但馬牛のしなやかで締まりの良い筋肉が、良質で適度な脂肪を内面に留まらせることで生まれます。肉そのものとしての味が良く、そこに良質な脂肪の甘みが加わった但馬牛の「サシ」は、まさしく“とろけるような味わい”です。

但馬牛のおいしい食べ方

ステーキ

但馬牛の柔らかな肉質、「サシ」の甘みを存分に堪能するならステーキがおすすめ。焼き加減はレア~ミディアムで。

すき焼き

良質で適度な脂肪が自慢の但馬牛には、しっかりとした肉本来の旨みがあり、肉質も柔らかく、すき焼きにも最適です。

じゃぶ

「じゃぶ」は但馬牛の故郷・たじまの郷土料理。さまざまな野菜の風味と糸コンニャクの食感が肉の旨みを引き出します。

たじまで生まれ、磨き上げられた
世界でも貴重な純血・明瞭な血統

但馬牛はブランドビーフのルーツ

神戸牛や松阪牛、近江牛といった日本が世界に誇るブランドビーフ。実は、神戸牛、松阪牛といった牛の品種は存在しません。それらの牛(素牛)は但馬牛であり、但馬牛はブランドビーフのルーツなのです。各地へ巣立ち、その土地の生産者に大切に肥育された最上級の但馬牛が、ブランドビーフとして高い評価を獲得しています。

閉鎖育成による優れた血統の継承

すでに平安時代から優れた資質が認められていた但馬牛。その血統は、たじまの地で脈々と受け継がれています。明治30年代には、主産地である美方郡で日本初の牛籍台帳(牛の戸籍)が整備され、その後も他府県牛との交配を一切絶つ閉鎖育種を実施。純血の血統を守り、どの和牛よりもルーツが明瞭な、純粋の但馬牛生産の仕組みを確立しています。

ゆたかな水と緑に囲まれた環境で ストレスなく育てられています

雨が多いことから、綺麗な水に恵まれ、草木がよく育つたじまの山間部。但馬牛は、ゆたかな自然に囲まれた、ストレスを感じさせない静かな環境で大切に育てられています。

たじまの人々と共にある但馬牛

日本で牛肉が食べられるようになったのは、100年ほど前のこと。それ以前は、但馬牛も他の牛馬と同じように、田畑を耕したり、荷物を運んだりしていました。但馬牛は小型で丈夫、そして多産であったことから、棚田などの小さな水田が多いたじまの地で重宝され、農家をはじめ多くの人々の愛情を受けて大切に育てられ、現在に至ります。

「たじま」の牛を日本へ、世界へ
但馬牛を育てる生産者たちの想い

技術を磨き、良い牛を出荷したい

やはり、但馬牛の価値を高く評価してもらえるのは嬉しいですね。生き物を相手にしているので思うようにいかないこともありますが、牛の体調管理に気を配り、思ったように育つと充実感があります。いま以上に良い牛を安定して出荷できるよう技術を磨き、もっと頭数を増やして牧場を大きくしていきたいですね。

但馬牛畜産農家 高橋 大樹さん

健康な子牛の証・すくすく草育ち

JAたじまでは、たんぱく質・炭水化物・脂肪が多く含まれた「濃厚飼料」ではなく、牧草などの繊維が多く含まれる「粗飼料」を与え、丈夫で重量や肉質の面で優れた子牛の飼育に取り組んでいます。JAたじまが定めた「粗飼料多給マニュアル」に沿って飼育され、セリ市でのチェックをクリアした子牛を、「すくすく草育ち」と命名し出荷しています。

安全・安心をお届けするために

JAたじまや関係団体では、但馬牛を「兵庫県内で生まれ、育てた牛」としてブランド登録しています。、また、トレーサビリティーの観点から、すべての牛に「個体識別番号」を付けて、出生年月日や飼育場所の履歴をインターネット(牛の個体識別情報検索サービス)で検索できるようになっており、安全な但馬牛を安心してお買い求めいただけます。

但馬牛なら「JAたじま肉の店」へ

もっと気軽に、おいしい但馬牛を味わって欲しいという想いから、JAたじまでは但馬牛の専門店「JAたじま肉の店」を直営店として出店しています。遠方にお住まいの方はJAたじまが運営する、たじまのお米販売サイト「地米屋」でお買い求めください。

肉の店 本店

但馬牛の主産地である兵庫県美方郡。山陰の名湯として名高い「湯村温泉」のすぐそばに、JAたじまが運営する但馬牛の専門店「肉の店本店」があります。JAたじま直営店ならではのたしかな品質、嬉しい価格で最高の但馬牛をご提供しています。

住所
〒669-6822
兵庫県美方郡新温泉町細田160-1
電話
0796-92-2538
営業時間
10:00~18:30
定休日
毎週水曜日

肉の店 豊岡店

たじまの地で収穫されたお米や野菜などを中心に、さまざまな特産品を販売するJAたじま直営のファーマーズマーケット「たじまんま」。その店内に、但馬牛専門店「肉の店豊岡店」があります。但馬牛に合うお米や野菜なども是非ご一緒に。

住所
〒668-0854
兵庫県豊岡市八社宮490
電話
0796-22-0300
営業時間
9:00~18:30
定休日
毎週火曜日

地米屋

コウノトリが舞い降りる米どころ・但馬で育まれたお米を中心に、最高級の絶品和牛「但馬牛」や但馬のおいしい特産品を取り揃えたネットショップです。

  • スゴイぞ!たじま
  • お米
  • 但馬牛
  • 野菜・果物・花
  • コウノトリ育む農法
  • 高原の有機野菜
  • 直売所
  • 観光マップ
  • コウノトリの贈り物
  • ガイドライン
  • 産地品種銘柄