閉じる

菜園学園

ミズナ

2014.10.29

1410.jpg

 古くから京都で作られていて「京菜」とも呼ばれるミズナは、生のままでも加熱しても食べられる便利な野菜。抗酸化作用のあるβカロテンのほか、免疫力を高めるビタミンC、骨を強くするカルシウムや貧血を予防する鉄など、バランス良く栄養が含まれています。

 

 

畑の準備
種まき 9月上旬~10月中旬
収穫 10月中旬~12月下旬
畑の準備 元肥として堆肥3㎏/㎡、作物名人300g/㎡とセルカ100g/㎡をやる。土が乾くと生育が悪くなるので、出来るだけ深く耕しておく。畝幅は100㎝。

 


1 条間を15㎝にしてまき溝をつけ、約3㎝間隔でまきます。まき終わったら、薄く土をかけ、不織布でトンネル掛けにしましょう。

1410-1.jpg

2 子葉が開ききったころ、込みすぎたところや伸びすぎた株を間引きます。本葉が2枚のころ、株間が7~8㎝になるように2回目の間引きを行います。

1410-2.jpg

 

3 秋まきで収穫が低温期になるときは、トンネルで保温しましょう。

1410-3.jpg

 

4 小株どりの場合は、草丈30㎝くらいになったら収穫しましょう。 

1410-4.jpg