閉じる
たじまで農業

活動レポート

酒米「フクノハナ」田植え式で豊作祈願

2018.05.25

180523fukunohana1.jpg 出石フクノハナ生産部会は5月23日、出石町袴狭で田植え式を開き、生産者や関係者らが秋の豊作と農作業の安全を願って苗を手植えしました。

 部会は、金沢市の㈱福光屋と昭和63年に契約栽培を始め、昨年30周年を迎えました。今年度は76人が約90haで栽培し、1万3800袋の集荷を計画しています。

 式には、生産者や同社員、行政やJAの職員ら約30人が参加。1列に並び、水田に張ったひもに付いた目印に合せて苗を植え付けました。

 吉田準一部会長は、「良質なお米を作ることはもちろん、酒造会社の要望に応え無農薬米も増やしていきたい。フクノハナのPRにも力を入れていきたい」と話していました。

 部会では、フクノハナの米粉を活用したPR活動を計画。町内の小学校に出向いて調理実習を開催したり、生産者の女性らの組織を作って直売所にお菓子などの加工品の出荷も検討しています。