閉じる
たじまで農業

活動レポート

とっても甘いよ「シルクコーン」 但東町で収穫最盛期

2018.07.25

180724silk1.jpg 豊岡市但東町で、甘みが強く絹のように白い実のトウモロコシ「シルクコーン」が収穫の最盛期を迎えています。生産者らは一番おいしい状態で出荷しようと、早朝から摘み取り、選別や箱詰めなど出荷作業に追われています。

 但東シルク野菜部会に所属する6人が、シルクコーンを約1haで栽培しています。今季は、連日の猛暑で日照時間が多いことなどから、例年より1週間ほど早い7月4日から出荷を始めました。8月中旬までに、京阪神や地元の市場を中心に、ファーマーズマーケットたじまんまなどへ昨年並みの4tの出荷を目指しています。

 淀英明副部会長は、「日中は水分とともに味も落ちてしまうが、早朝は夜間に蓄えた糖分が豊富」と毎朝5時から収穫を始めます。収穫したあとは、規格ごとに分けて箱に詰め、JA但東営農生活センターに運んでいます。淀さんは「日照りが続いているので水管理に一番気を遣っている。やや小ぶりだが甘さは十分。果物のように甘いシルクコーンに仕上がった」と話しました。