閉じる
たじまで農業

活動レポート

豊岡産トマト モス店員が収穫体験

2019.06.12

190611tomato1.jpg 豊岡そ菜部トマト委員会は611日、出荷先のモスバーガーの店員を招いて収穫体験を行いました。収穫体験は、「モスの産直野菜フェスタ」を前に、店舗で使う豊岡産トマトの魅力を感じてもらうのが狙いです。

 モスバーガーを展開する㈱モスフードサービスは624日から7日間、県内のコープデイズ豊岡店(豊岡市)と赤穂店(赤穂市)で「モスの産直野菜フェスタ」を開きます。期間中は収穫したトマトをJAで集荷した後、直接店舗に運び、限定商品や定番商品などに使われます。限定商品は「デラックスモスバーガー ダブルトマト」(税込650円)と「デラックスモスチーズバーガー ダブルトマト」(税込680円)、「トマトサラダバーガー」(税込490円)の3種類です。

 4月から豊岡店に勤務している岡田悠佑店長代理は「昨年発売したトマトサラダバーガーは、特にトマトの味を楽しめる商品。生産者の思いと豊岡トマトのおいしさを皆さんにしっかり伝えたい」と話しました。

 西浦勝治委員長は「今は量が少ないが、今月の下旬には最盛期を迎えるだろう。酸味と甘みのバランスの良いトマトに育っている。豊岡のトマトを味わってほしい」と話しました。

190611tomato2.jpg