閉じる
たじまで農業

活動レポート

美方大納言小豆生産者大会 増産に向け大会決議

2020.02.04

200128JAたじま 美方大納言小豆生産者大会.jpg

 JAたじまの地域振興品目の一つである「美方大納言小豆」を栽培する美方大納言小豆生産組合は1月28日、保健福祉センターすこやかーにで生産者大会を開き、生産者のほか、行政やJA職員ら31人が参加しました。美方郡だけでなく、但馬全域に栽培エリアを拡大し、栽培面積50ヘクタール、生産量50トン、販売額5000万円を目標に、生産者をはじめ関係機関が一体となり、生産・振興に取り組みます。

 同組合の長谷坂栄治組合長は「生産者の高齢化や獣害などで年々生産量が減ってきている。宝の持ち腐れにならないよう、どうやって維持・拡大していくか考え、振興していきたい」とあいさつ。昨年度は約6トンの集荷で、今年度は1トン増の約7トンの集荷となったが、依然として高い需要に供給が追い付いていないのが現状。2020年度も今年度と同様、作業の機械化による省力化を図り、増産へ努めます。

 大会ではこのほか、1224日に行われた品評会の表彰式も行われました。最優秀賞の但馬県民局長賞に香美町香住区の上岡営農組合が選ばれました。粒が大きく揃っていて色も良く、美方大納言小豆らしさが出ていたことが高く評価されました。上岡営農組合は今年度、播種や収穫、脱粒の作業を機械化に移行して受賞となりました。組合長の釜本日出男さん(写真左)は「毎年、連作障害に悩まされていて、今年度は耕うん後に40日間水を張ったことが功を奏した。機械化したことで、反省点が見つかったので、今後も組合員一丸となって頑張っていきたい」と話していました。

「美方大納言小豆」は一般的な小豆と比べて粒が大きく、煮崩れしにくいのが特徴で、老舗の和菓子屋から高い評価を得ています。