閉じる
たじまで農業

活動レポート

出荷量増めざす 新温泉町産直部会総会

2021.04.20

210416JAたじま 新温泉町産直部会総会.jpg

 新温泉町産直部会は16日、温泉営農生活センターで、令和3年度の総会を開きました。部会員やJA職員が約10人参加し、令和2年度の事業報告や令和3年度の事業計画など全4議案を原案通り承認しました。

 役員改選で再選された西川敏雄部会長は「初出荷日が近づくにつれて忙しくなるが、体に気を付けて農作業に励もう」とあいさつしました。

 同部会はピーマンや白ネギに加え、梨など果物も含めた約40種類を栽培。京阪神に展開しているスーパー「阪急オアシス」の4店舗に、6月から11月まで週一回出荷しています。産地から直送しているので、新鮮なまま消費者に届くのが特徴です。今年度は新温泉町内の部会員18人で栽培に取り組みます。

 総会後には、栽培管理記録の徹底など生産者とJA職員が話し合いました。初出荷日は625日ごろの予定です。