閉じる
たじまで農業

活動レポート

真っ白な実のシルクコーン 今年も順調に出荷スタート

2021.07.16

210712シルクコーン出荷開始.jpg

 JAたじまの但東営農生活センター管内で、甘みが強く、シルクのようなつやのある真っ白な実が特徴の「シルクコーン」の出荷が77日から始まりました。7月下旬から8月上旬にかけてピークを迎え、8月中旬まで阪神や地元の市場、JAたじまファーマーズマーケット「たじまんま」などに出荷されます。今年度は昨年より4000箱(13㎏)多い、6000箱の出荷を見込んでいます。

 地域興しの一環として、2005年に但東シルク野菜部会を設立し、シルク野菜の生産を始めました。豊岡市但東町は、江戸時代から伝わる絹織物「但馬ちりめん」の産地だったことから白いスイートコーンを「シルクコーン」と名付けました。生でも食べられるほど皮が柔らかいことが特徴です。同部会では「シルクコーン」以外にも、「シルクナス」や「ツタンカーメンのエンドウ豆」を栽培しています。

 昨季まで3人だった生産者が、JA職員の声かけもあり、今季は7人に増加しました。約3haのほ場で栽培します。今季は例年に比べ梅雨入りが早く、日照不足でやや甘みが少ないですが、生育は順調です。日照時間が増えれば十分な甘さに仕上がります。

 田中一成さんは地域の若手農家が集まってスイートコーンを栽培していましたが、但東町の特産品であるシルクコーンに4年前に切り替えました。今では夫婦2人で約1.5haのほ場で、5万本を栽培しています。株間をほ場によって調整して植えることで、昨季より5000本多く定植しました。気温の低い深夜12時ごろから1人で収穫作業を始め、早朝に夫婦2人とパート1人で箱詰め作業を行い午前10時までにJAに出荷します。

 田中さんは「将来的に作付面積を2倍にしたい。地元但東町が盛り上がるように、がんばっていきたい」と意気込みを語りました。

 同JAでは、今季からファーマーズマーケット「たじまんま」のオンラインショップなどで販売を始めました。