閉じる
岩津ねぎ

ブログ

「岩津ねぎ」出荷8万ケース目指す

2019.11.18

191115iwatunegi1.jpg 11月23日からの販売解禁を前に、岩津ねぎ部会は15日、和田山支店で出荷決起大会を開きました。部会員、JA役職員や行政関係者ら約120人が、今季の出荷目標、8万ケースの達成に向けて意思を統一しました。

 山下正明常務が「台風による倒伏などの被害があったが、生産者の皆さんの早い対応で無事に出荷が迎えられる。所得向上のため有利販売に努める」とあいさつ。部会員、JAと販売先の情報交換を密にし、消費者の需要に合わせた計画的な出荷、販売に努めることを示しました。

 荒川欣也部会長は「ブランドと信頼を守るためには高品質で安定出荷が大切。個々が出荷規格を順守し、一つ一つ確認しながら荷造りをしてほしい」と呼び掛けました。生産者らは、栽培履歴の確実な記帳・提出、規格の順守などで、最後まで高品質な岩津ねぎを出荷することを決議しました。

 大会後に目合わせ会を開いて、出荷規格の変更点などを確認しました。