閉じる
岩津ねぎ

ブログ

「岩津ねぎ」明日、販売解禁

2019.11.22

191122iwatunegi1.jpg 朝来市特産「岩津ねぎ」の販売解禁を前に、JAたじま岩津ねぎ部会は1122日、和田山営農生活センター農業倉庫で出荷式を開き、355ケース(1ケース3kg入)を神戸や姫路、地元の市場に出荷しました。

 岩津ねぎは、柔らかくて甘みが強く、青葉から白根まで余すところなく食べられるのが特長です。今季は174人が約22haで栽培しています。来週には明石や大阪方面への出荷も始め、12月半ば~来年1月下旬が最盛期となります。出荷は321日までで、8万ケースの出荷を目指します。

 式には部会役員、JAや行政の職員、運送業者ら約40人が出席。初荷を積んだトラックを万歳三唱で送り出し、出荷を祝いました。

 荒川欣也部会長「今年は台風により倒伏などの被害があったが、部会員の懸命な栽培管理のおかげで立派なネギが集まった。これから寒くなるにつれ、出荷量もおいしさも増してくるだろう」と話しました。荒川部会長から初荷を受け取った山下正明常務は「生産者の皆さんが手塩にかけた岩津ねぎの有利販売に努め、所得向上に尽力します」と話しました。

 明日、JAファーマーズマーケット・たじまんま(豊岡市)とJAファーマーズ・たじまんま和田山(朝来市)で特設ブースを設け、試食販売をします。