閉じる
岩津ねぎ

ブログ

朝来市特産「岩津ねぎ」お待たせ 6万ケースの出荷を目指す

2021.11.25

211122岩津ねぎ初出荷式.jpg JAたじまの地域振興品目の一つ、朝来市特産「岩津ねぎ」の今季の販売が1123日から解禁されました。JAたじま岩津ねぎ部会は11月22日、同JAの和田山営農生活センター農業倉庫で出荷式を開き、約400ケース(1ケース10袋)を神戸や姫路、地元市場に出荷しました。順次、阪神間への出荷も本格的に開始します。

 岩津ねぎの生産者で組織する同部会は、今季149人が約20haのほ場で栽培しています。今年は、8月中旬の長雨で根腐れ等の湿害や葉折れの被害が見られたとともに、9月下旬から10月中旬の高温乾燥、病害虫被害で生育が遅延しているほ場もありますが、順調に生育しています。12月下旬から来年1月にかけて出荷の最盛期を迎えます。今季は6万ケースの出荷を目指します。

 出荷式には、部会役員、JAや行政の職員、運送業者ら約40人が出席しました。初荷を積んだトラックを万歳三唱で送り出し、出荷を祝いました。

 荒川欣也部会長は「天候不良で栽培がとても大変だったが、立派な『岩津ねぎ』をお届けできることがとても嬉しい。多くの人に食べてもらいたい」と話しました。

 荒川部会長から初荷を受け取ったJAの西谷浩喜常務は「新型コロナの影響で今季も内食需要が高まると予想される。需要に応じた計画的な出荷をすることで産地の信頼確保と、生産者の所得向上に繋げたい」とあいさつしました。

「岩津ねぎ」は甘みが強くて柔らかく、青葉から白根まで余すところなく食べられるのが特徴です。高品質な地域ブランドとして高い人気を誇ります。来年3月中旬まで出荷する予定です。

 

      OLSたじまんま500×171.jpg