閉じる
JAバンク

活動レポート

児童が岩津ねぎ栽培の取り組みを発表

2013.03.01
 2月23日にJAバンク兵庫が流通科学大学(神戸市西区)で開いた「小学生の環境チャレンジ発表大会」に、JAたじま管内からは朝来市立中川小学校の3年生32名が参加し、「地域のめぐみ学習賞」を受賞しました。

130223kankyouchallenge-2.jpg

 同校では、環境学習として岩津ねぎの栽培に取り組んでいます。この日は、「大切なおくりもの~岩津ねぎ~」のテーマで、岩津ねぎの栽培を通じて学んだ農業の大変さや地域の人とのつながりについて発表しました。児童らは、「暑い日も寒い日も作業するのは大変だった」、「専用の道具を使って収穫したり、収穫した岩津ねぎを調理したりするのが楽しかった」などと話していました。

130223kankyouchallenge-1.jpg

 朝来支店の矢野聖治支店長は、「JAはこれからも、子どもたちが地域の人たちと一緒に農業や地域のことを学べるように支えていきたい」と話していました。

 同大会は、JAバンク兵庫が取り組む地域貢献事業の一環として開催。環境の保全に取り組む小学生が活動を発表し情報を発信することを目的としていて、今回は県内331校の応募がありました。その中から、地域と関わりながら活動に取り組み、今後の活動の発展が期待される10校が選ばれ発表しました。