閉じる
食農・地域貢献

活動レポート

園児らが育てたお米で精米体験

2013.12.12

131209kodomoen.jpg

 

 社会福祉法人城崎こども園の園児48人は12月9日、JAたじまのファーマーズマーケット「たじまんま」で精米などを体験しました。

 

 この日園児らは、9月に収穫し脱穀、乾燥させたお米をたじまんまに持ち込みました。園児らは、同JA職員に教わりながら、機械を使って籾摺りや精米を行いました。白米になったお米を見た園児は、「お家にあるお米と同じお米になるまで、たくさんの機械を使って大変だった」と話していました。

 

131209kodomoen2.jpg

 

 また園児らはたじまんまの店内やバックヤードなどを見学。出荷された農産物がお店に並ぶまでの過程を学びました。

 

131209kodomoen3.jpg

 

 同園の西垣浩文園長は、「園児らに、普段食べているお米が、長い時間と手間をかけて作られていることを、体験を通じて伝える良い機会になった」と話していました。

 

 同園では今年、食農教育の一環として、豊岡営農生活センターの指導のもとコシヒカリを栽培。園児らが、田植えや生き物調査、稲刈りに挑戦しました。